フルーツを楽しむ

image

ひと口にフルーツと言っても、その性質はさまざま。鮮度のいいものを選別し、かしこく保存するワザを種類別にご紹介します。

リンゴ

表面に傷などがなく、つやがあって、指ではじいたときに澄んだ音がするものを選びます。
おしりの方が青いものはまだ完熟していません。ヘタは濃い色のものを。

保存法
常温で置いておく場合は冷暗所で。痛んだものが混じっていると、他の実も痛みやすくなるので気をつけます。時々点検して、悪くなっているものは捨てるようにします。
冬以外の時期や、長く持たせたいときの保存は、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に。リンゴが出すエチレンガスは、同じ場所に置かれた野菜やフルーツを熟成させる効果があるので、必ずビニール袋で密閉します。逆に、完熟させたいフルーツがあればリンゴと一緒に袋に入れておくと、すぐに食べごろになります。
カットした残りがあれば、変色をふせぐためにレモン汁か塩水につけてラップにくるみ、野菜室へ。

みかん

鮮やかなつやのある色で、皮の表面のきめが細かいものを選びます。表皮がふかふかと浮いているようなのは避けます。
ヘタは青くて、小ぶりのものを。

保存法
冬なら常温で置いておいても、しばらくおいしく食べられます。
常温では風通しがよく日光の当たらない場所に置きます。痛んだものが混じっていると、他の実も痛みやすくなるので、気をつけておきます。
ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存すれば長くもちます。
冷凍するときは、水にくぐらせ、ふき取らずにそのまま冷凍すると、おなじみの冷凍ミカンができます。

イチゴ

全体の色が鮮やかな赤で、均一しているものを選びます。ヘタは濃い緑色のものを。

保存法
水がつくと痛みやすくなります。洗わずにラップに包んで、冷蔵庫の野菜室へ。
ヘタをとると、そこから水分が蒸発してしまうので、ヘタは洗ったあと、食べる直前に取るようにしましょう。 日持ちしないので、なるべく1、2日で食べきります。
冷凍する時は洗ってヘタをとってから、密封して冷凍します。

バナナ

軸がしっかりしていて、色が均一のものを選びます。
スイートスポットと呼ばれる茶色い斑点が出ているのは食べごろのしるしです。

保存法
冷蔵すると痛みが進むので、常温で保存。風通しがよく日光の当たらない場所に置きます。
バナナは接触面を少なくするとより痛みにくくなります。軸の部分を何かにぶらさげ、実を空中に浮かせるようにするのが理想的。バナナスタンドという専用のバナナ台を利用するのもいいでしょう。
冷凍するときは皮をむき、筋を取って、ラップにくるんで冷凍庫へ。その時、割りばしなどを中心に刺しておけば、棒アイスのように手軽なおやつになります。

キウイフルーツ

全体を触って、均等な固さのものを選びます。
キウイは外見からは食べごろがわからないので、触った時の柔らかさで確認します。固いのはまだ未熟です。

保存法
ビニール袋に入れて密封し、冷蔵庫の野菜室に保存します。全体的にやわらかく食べごろになったら、4~5日で食べきります。
未熟のものは、常温保存で成熟を待つといいでしょう。もっと早く食べたい時は、リンゴと一緒にポリ袋に入れると、リンゴの出すエチレンガスの効果で成熟が早まります。

パイナップル

葉が緑色で、香りがよいものを選びます。
全体に丸みがあり、下ぶくれの形のものが甘さがあります。

保存法
常温保存しますが、より長くもたせたいときは新聞紙にくるんで冷蔵庫の野菜室へ。
カットしたものはラップにくるみ野菜室で保存します。これを冷凍すると、そのままシャーベットとして楽しめます。

image