フルーツを楽しむ

image

フルーツカットはただ美しいだけでなく、おいしさをより引き出す工夫でもあります。高度なテクニックがなくても楽しめるので、ぜひ挑戦してみたいもの。 プロはさまざまなツールを使い分けたり、芯抜き器を使ったりしますが、普通のご家庭では普段使いの万能包丁とナイフで十分こなせます。 パーティーに華やかさを添えるのはもちろん、普段の食卓に応用すれば、ぐんと楽しくなることうけあいです。

パイナップル

ほぼ1年中出回っているパイナップルは、いつでも食卓の雰囲気を引き立ててくれる便利フルーツ。値段が手ごろでボリュームがあり、飾り切りも簡単なので、積極的に利用していきたいもの。
カット済パイナップルがよく出回っていますが、食べる前にカットしたものはやはりおいしさが違います。料理に使ったり冷凍してシャーベットにしたりと、使いきれる利用法もたくさん。普段パイナップルを買わない人も1度試してみて。

皮のむき方 ~ 芯の取り方

photo

【1】包丁で両端を切り落とす。
硬いように見えますが、力まずにスッと前に押す感じで包丁を入れましょう。

photo

【2】回しながら皮を切り落とす。
黒くボツボツした芽が果肉に残らないように皮を切っていきます。

photo

【3】2等分に切る。

photo

【4】芯に沿ってV字型に切込みを入れる。

photo

【5】芯をはずす。

パイナップルのカット

簡単な飾り切りに挑戦してみましょう。ちょっとした手間で見栄えもし、食べやすくなります。

photo

【1】皮がついたまま全体を2等分し、それを3~4等分する。
V字型にナイフを入れて芯を取り、皮をむく。

photo

【2】食べやすい大きさにカットしていく。
位置を少しずつずらせば、かわいらしくなります。

photo

【3】できあがり

パイナップルボード

photo パイナップルを切り抜いてフルーツを盛り合わせるパイナップルボート。テーブルに出せば、その場が一気に盛り上がること間違いなし。
今回はイチゴ、キウイ、マンゴー、オレンジを盛り合わせましたが、季節によって旬のフルーツを盛り合わせるといろいろに楽しめます。夏ならカットしたスイカを入れると、彩りがさらにきれいになります。
パイナップルボートはフルーツ盛り合わせの他にも、フルーツポンチや、ナシゴレン、酢豚などの器として使えるので、覚えておくと便利。 難しそうに見えますが、やってみると意外に簡単です。

パイナップルのカット キウイフルーツのカット オレンジのカット マンゴーのカット

パイナップルのカット

今回は比較的小ぶりなパイナップルを使用しています。これなら小規模なホームパーティーにもぴったり。
実を大きく切るときは包丁を使用し、中をくり抜くなどの作業の時はナイフを使用します。

photo

【1】縦に置き、葉の上から包丁を入れていく。 切り口は平らでもいいのですが、刃先の部分を高くして船形にすることで立体感が出ます。 まず縦から斜めに包丁を入れます。

photo

【2】横に置き、2等分する。

photo

【3】切り離す。 舟形になっています。

photo

【4】ぺティナイフに持ち替え、芯にそって平行に2本、切り込みを入れる。

photo

【5】周辺に切り込みを入れていく。 黒いポツポツした芽の内側に沿って切込んでいきます。

photo

【6】底の方に向かってナイフを入れていき、切れ目に沿って果肉を切り取る。 果肉が1度で取りきれなければ、ナイフで削り取るようにしていきます。

photo

【7】芯の下にナイフを切り入れる。

photo

【8】芯を外す。

photo

【9】果肉を一口大に角切りし、ボートの中に戻す。 ボートの真ん中が盛り上がるよう、山型に果肉を盛ると、その後盛り付けやすくなります。

photo

【10】ボートにカットしたキウイフルーツ、オレンジ、マンゴを盛り付ける。 へたをつけたまま、縦に2つ切りしたイチゴを添える。

キウイフルーツのカット

盛り合わせの彩りに欠かせないフルーツです。

photo

【1】芯を取る。ぺティナイフを上部に入れ、回すようにすると芯が取れます。

photo

【2】縦に皮を剥いていく。手前に向かって、一気に剥きます。

photo

【3】縦に2等分し、芯を取り去る。 ナイフをV字に入れ、真ん中にある白い芯を取ります。

photo

【4】さらに4等分する。 先が尖っていると盛り付けを整えやすくなるので、斜めにナイフを入れます。

オレンジのカット

房から取り出すと食べやすくなります。これはグレープフルーツにも応用できるワザ。

photo

【1】ヘタとおしりの部分を切り落とす。

photo

【2】実を回しながらぺティナイフを前後に動かしつつ、皮を剥いていく。 リンゴなどでおなじみの方法ですが、オレンジもこの方法できれいに剥けます。

photo

【3】房に沿ってV字型に果肉を切り離す。 軽く切り込んでいくだけで、果肉は簡単に取れます。

photo

【4】できあがり

マンゴーのカット

マンゴーを加えると華やかな雰囲気がさらにアップします。
盛りにボリュームを出すことができるフルーツなので、特に大ぶりのパイナップルでボートを作るときはぜひ取り入れて。

photo

【1】3等分する マンゴーの真ん中には大きな種があります。まず種の上部に沿ってナイフを入れていきます。

photo

【2】3等分する(その2) ひっくり返し、同じように種に沿ってナイフを入れていきます。 種の周りの部分は切り取ってそのままボートの中に入れましょう。

photo

【3】3等分する。

photo

【4】皮をむく。 まな板に押しつけながら果肉と皮の間にスッとナイフを入れるときれいに皮がむけます。

photo

【5】さらに2等分する。 先が尖っている形だと盛り付けやすいので、斜めに切っていく。

カット指導:久保直子(フルーツコーディネーター)

image