フルーツクリニックについて

image

脱・ネガティブな思い込み!フルーツにまつわる3つの誤解に「NO」!

フルーツは太らない
photo ずっしり重くて甘いフルーツ。食べると何だか太ってしまいそう…? それは、完全な誤解です!
手に取ったときの重みの正体はほとんどが水分。肥満の原因となる脂質はほとんど含まれていません。
気になるフルーツの甘さは「果糖」によるもの。果糖は砂糖に比べるとカロリーが低く、エネルギーに変換されやすいという性質を持っています。つまり砂糖に比べて太りにくいのです。しかも後述するように、フルーツは体内から余計なものを排出してくれるデトックス効果や、代謝を活発にしてくれる栄養分も含んでいます。
食べると太る、どころか、フルーツはダイエットに最適と言えるでしょう。
フルーツはぜいたく品ではない
photo 高級なお見舞い品や贈答品のイメージがあるフルーツ。日常生活にあまり関係のない、ぜいたく品のように思っている人も多いのでは? しかし、旬のもの、普段使いのものを選べば、フルーツは決して高価なものではありません。
「フルーツは高い。ぜいたく品だ」と思い込んでしまうのは、フルーツをデザートやお菓子の一種としてとらえる傾向があるからかもしれません。
フルーツは野菜や魚肉類と同じように、健康な生活を送るために必要な食品の一種です。後述するように、フルーツには他の食品と同等に、豊富な栄養を含んでおり、おやつ・デザート扱いだけではもったいない食品。もっと日常的に取り入れていきたいもの。
フルーツは安全です
photo スーパーに並んでいる果物には農薬が残っているかも…?と手を出すのをためらってしまうこと、ありませんか?
安心してください。フルーツは、日本国内産も、輸入品も、厳しい基準で取り締まられています。食品衛生法に基づく「残留農薬基準」は、果肉の部分だけでなく皮を含めたフルーツ丸ごとが対象。人体に害とされる残留値を大幅に下回った値が基準値に定められています。水洗いすれば農薬も流れ落ち、皮ごと食べてもまったく安全。皮には栄養や香り成分が多く含まれているフルーツが多いので、積極的に活用していきたいもの。

image